お知らせ

HOME > お知らせ

臨床実習指導者講習会 帯広会場 募集開始

2019.11.17 UP

この研修会について

*すべてに目を通して下さい
 ご存じの方も多いかと思いますが、理学療法士・作業療法士学校養成施設指定規則改正が行われます。その改正に伴い、臨床実習指導者に理学療法士・作業療法士養成施設における臨床実習制度の理念と概要、教育原論・人間関係論、コンプライアンスならびにハラスメント防止、診療参加型臨床実習における学生評価等などについて、「理学療法士作業療法士臨床実習指導者講習会開催指針」(平成30年10 月5日付け医政発1005 第2号)に則った講習の受講が必要となります。今後は、本講習の受講によって臨床実習指導が可能となります。
 北海道作業療法士会では、本講習会を積極的に行っていきたいと考えております。今後の予定は随時、北海道作業療法士会HPにてご報告いたします。

*理学療法士会主催講習会への参加希望がある場合は理学療法士会HPにて十分に確認を行った後、理学療法士会へ参加申し込みを行って下さい

<講習日時>
1.帯広会場(北海道作業療法士会主催研修会)

日時:令和2年2月8日(土)~2月9日(日)

場所:十勝リハビリテーションセンター(北海道帯広市)

講義内容:こちらをご参照下さい

参加対象者:実務経験4年以上の理学療法士、作業療法士

参加費:1000円 (資料代)

参加者数:作業療法士、理学療法士あわせて100名

<申し込み方法と締め切り>
参加申し込みにつきましては、こちらの申し込み用紙に必要事項をご記入いただき、メールで、haotjissyuu@gmail.com まで御連絡いただきたいと思います。アドレスの記入欄には、一斉送信を行っても問題のないアドレスを記入して下さい。

締め切りは、12月20日(金)と致します。

締め切り後に参加の可否について、こちらから御連絡を送ります。締め切り1週間が経過しても連絡が無い場合には、お手数ですが、確認のメールを上記アドレスまで送って頂きたいと思います。
*受付だけでは、参加確定ではございませんのでご了承下さい。

<注意事項>
*参加者多数の場合は、先着順ではなく、同施設から参加人数などを考慮する可能性がございます。受付確認メールと参加確定メールを送らせて頂きます。
*非会員も申し込み可能です。
*必ず日本作業療法士協会会員番号、日本理学療法士協会会員番号もしくは非会員であるかのいずれかを明記して下さい。

50周年記念事業に向けてのお願い

2018.08.08 UP

 

 

会員各位

平成31年北海道作業療法士会は50周年を迎えます。平成31年6月8日に札幌にて開催される「第50回北海道作業療法学会」において記念式典を開催する予定ですが、これに合わせて記念誌を発刊いたします。その記念誌に掲載可能な「北海道における作業療法(士)の足跡」に関する資料を探しております。
・歴代会長の写真、発足時の写真や情報
・過去の学会などのスライドや写真、映像
・印刷物
・新聞記事
・ほか、北海道の作業療法、作業療法士の足跡に関するもの
などを保管しておられる方は、是非、事務局までご連絡をお願いいたします。ホームページ(トップページ)右上の「お問い合わせ」をクリックの上、フォームにお書きいただくか、直接事務局(tel 011-398-3222)にお電話いただければ幸いです。

多数の御連絡をお待ちしております。

 

 

道士会年会費納入と講習会参加費についてのお願い

2018.01.17 UP

各位  

現在、道士会教育部が主催している講習会は、道士会の運営資金である年会費を支払われている会員の皆様に有益な学びの機会をご提供するため、講習会申し込み時点で年会費の納入状況を確認させていただき、年会費納入済みの方は会員料金、入会の有無に関わらず年会費を納入していない作業療法士は一般料金にて受講していただくことになっております。その際、入会はしていても年会費未納の方には、年会費納入の手続きの遅れや各種事情があることを鑑み、受付にて年会費支払の意思確認をさせていただき、初回のみ暫定的に会員料金にて受講していただく対応もしておりました。

*********************************************************

記事の続きを読む

しかし、最近では会費未納の状態で会員料金での講習会受講を希望される方が頻発しており、場合によっては「以前は(未納の状態で)会員料金で講習会受講が認められたのにどうして今回はダメなのか」と受付でクレームを受ける事態にも至っております。  このような状況では、本来の趣旨から外れてしまうだけでなく、期日までに会費を納入している会員の不利益となると考え、以降は講習会申し込み時点で年会費の納入が確認されない方は、一律で一般料金にて講習会受講をお願いすることとなりました。何卒、ご理解ご了承いただけますようよろしくお願いいたします。

記事をたたむ

*********************************************************

第51回北海道作業療法学会学術大会ホームページについて

2019.12.03 UP

第51回北海道作業療法学会学術大会ホームページが公開されました。

下記URLをご覧ください。

http://www.knt.co.jp/ec/2020/51haot/

精神科多職種連携研修会「ピアサポートを活用した支援を考える」のご案内

2019.11.21 UP

事業部では、今年度も精神科多職種連携をテーマとした研修会を企画します。
今回は「ピアサポートを活用した支援を考える」をテーマに
当事者と協働して支援をしている経験をお持ちの3名の方を講師とし、
以下の通り開催いたします。

日時:令和2年1月25日 (土) 13:30~16:30
費用:北海道作業療法士会会員・看護師/精神保健福祉士等の他職種 1,000円
   作業療法士養成校学生・精神障害当事者/家族        無料    
会場:札幌医科大学 教育研究棟 C203教室
   (札幌市中央区南1条17丁目)
講師:矢部 滋也 先生   北海道ピアサポート協会 代表理事 社会福祉士 
   槇尾 明子 先生   居宅介護事業所ピリカポッケ 精神保健福祉士
   河野 眞毅 先生   訪問看護ステーションnorth-ACT 看護師

申込方法はこちらをご参照ください。
皆様のご参加をお待ちしております。

SIG・その他研修会 情報更新のお知らせ

2019.11.19 UP

SIG・その他研修会の情報を更新しました。詳しくはこちらをご覧ください。

【広報部】北海道作業療法士会ニュース11月号を掲載いたしました。

2019.11.01 UP

【北海道作業療法士会ニュース】令和元年11月号を掲載しました。
会員ページ左下のバナーをクリックするかこちらからご確認ください。

「MTDLP書き方研修」のご案内

2019.10.31 UP

【研修内容】 「日本作業療法士協会MTDLP 事例登録に向けて」
【講師】 菊地啓介先生 (MTDLP 指導者・北海道MTDLP 推進委員長)
     阿部純平先生 (MTDLP 指導者・北海道MTDLP 推進委員)
           鈴木勝也先生 (MTDLP 指導者・北海道MTDLP 推進委員)
【日時】 令和2 年1 月11 日(土) 13:20~17:00
【会場】 札幌医療リハビリ専門学校(札幌市中央区北6 条西1丁目3 番1 号)
【対象】 MTDLP 基礎研修修了者
【定員】 20 名
【参加費】 2000 円(当日徴収)

お申し込み方法・詳細は こちら

地域ケア会議および介護予防・日常生活支援総合事業に資する人材育成研修会について

2019.10.24 UP

詳細はhttps://www.haot.jp/members/

「北海道介護支援専門員協会,北海道医療ソーシャルワーカー協会,北海道作業療法士会の3職種での合同研修会」のご案内

2019.10.21 UP

テーマ:「専門職の視点で、地域ネットワークづくりを考える ~札幌市東区の取り組みから~」互いの職種の視点を理解し、実践に活かすための視点を共有します。

日時:2019年12月14日(土)13:00受付開始

会場:札幌医療リハビリ専門学校

詳細:申し込みはこちら(なるべくメールで申し込みいただけますと幸いです)

学校を理解して支援ができる作業療法士の育成研修会(実践編)プログラム試行について

2019.09.26 UP

協会制度対策部障害保健福祉対策委員会より『学校を理解して支援ができる作業療法士の育成研修会(実践編)試行』についてご案内がございました。

「 『学校を理解して支援ができる作業療法士の育成研修会(基礎編)』を受講された方の次のステップとして、実際に学校に関わるためにもう少し実践的な知識が得られるよう、『学校を理解して支援ができる作業療法士の育成研修会(実践編)』のプログラム開発に取り組んでいます。」

この実践編は、参加対象者を「基礎編」受講者としております。
 詳細は下記協会ホームページをご確認ください
 http://www.jaot.or.jp/20191214-15_trial_workshop
     

一般向け広報誌 【UTURU】

2019.09.14 UP

この度,作業療法士を目指す方に向けた広報誌【UTURU】を掲載することになりました. 以下,ご参照の上宜しくお願い致します.

 

  ■ UTURU vol.12  (2019  発行)

 

 

次へ »